「知っている」だけでなく、「理解している」が大事

平成30年7月の豪雨災害は、西日本を中心に24の市町村に、河川のはん濫や土砂災害によって、甚大な被害を及ぼしています。避難の問題など多くの課題を浮き彫りにしています。
今回、甚大な浸水被害のあった倉敷市の真備町地区で山陽新聞が、被災住民100人に面談方式でアンケートを実施し、その結果が紹介されていました。
(山陽新聞の記事のページはこちら http://www.sanyonews.jp/article/766793/1/?rct=

アンケートによると、真備町地区は、旧真備町の町史に江戸期以降の水害の歴史が数多く記録されていて、過去に複数回、大規模水害に見舞われていたようですが、そのことを「知っていたが、備えていなかった」が68%、「知らず備えもしていない」は16%。
洪水への備えをしていた人で、この歴史を「知っていて備えていた」は13%、「知らないが備えていた」は3%という結果になっています。
「知っていたが備えていない」が多かったことは、避難の状況からもうかがえます。
今回の被災住民のうち水害時に自ら避難したのではなく、第三者に「救助された」のが42%で、「これまで経験をしたことがなかったから」とか「2階に逃げれば大丈夫だと思った」という理由が多い結果でした。
また、倉敷市が大規模水害を想定し作成した「ハザードマップ」は、2017年2月以降、真備町地区の全戸に配布されていたが、75%が存在を知っていたにもかかわらず、内容を理解していた人は全体の24%でした。
予測された浸水地域は今回の豪雨による実際の浸水地域とほぼ重なっていました。いざというときに必要となる情報は知っているだけでなく、内容を十分理解していなければ役に立たないのです。
浸水の被害は止めることはできませんが、早めの避難をすることで自分や家族の安全を確保できます。
あらかじめどんな災害の時に避難が必要なのか、避難のタイミングや避難先、避難方法、避難路などを家族で話しておくことが重要です。
自分の住むまちの地勢や地盤、歴史などを知って、どんな災害がこれまでに起きたのか確認しておくことも必要でしょう。
地球温暖化などの影響で、これまでの記録を超える大雨が日本のあちらこちらで起こっています。
今一度、自分の住む町の歴史や、ハザードマップを確認して、災害や避難について考えてみましょう。

ADI減災カフェ10月は、避難所開設運営シミュレーション研修

2018年6月の大阪府北部を震源とする地震や7月の豪雨災害に相次ぐ台風による災害。

災害が増えると当然ながら避難所の開設も増え、避難所運営にも注目が集まっています。
私たちADIでは、オリジナルのADI避難所運営シミュレーションを各地で実施しています。

実際の避難所をどう使うかシミュレーションすることで、避難所の開設や避難所運営を考えたり、自主運営の必要性の認知度を高めたいと思っています。
今回のADI減災カフェではADI避難所運営シミュレーションについて、体験していただける会としたいと思います。
ご興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
ぜひご参加していただいて、手法を学んでいただき、地域で活用していただけたらと思います。

講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長

日  時 平成30年10月31日(水)  18時45分~20時30分頃まで (18時30分開場)

会  場 大阪市生涯学習センター第6研修室(大阪駅前第2ビル5階)

資 料 代 1,500円(ADI災害研究所会員の方は1,000円)
  

ご参加希望の方は、案内書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上 FAX 06-6359-7722 で送付いただくか、または同様の内容をメール info@adi-saigaikenkyusyo.com をお送りください。
定員に達した場合は、お断りすることがありますので、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

8月のADI減災カフェ ご参加ありがとうございました

8月のADI減災カフェは、6月に起きた大阪府北部を震源とする地震や 7月の豪雨災害等から私たちは、何をなえなければいけないかということを考える会でした。
特に6月の大阪府北部を震源とする地震では、都市部における災害で、通勤時間であったこともあり、様々な課題が再確認されました。
また、7月の豪雨災害は、広範囲に及び災害となり、被害の様相も地域の特性や地理的条件によって異なり、様々な対応が必要となりました。
そして、避難所での生活。今年の夏は猛暑となり、避難生活される方々も、被害だけでなく、猛暑への対策も必要となり、こちらでもいろいろな課題が見えたのではないでしょうか。
ADI災害研究所では、今後も大阪府北部を震源とする地震や7月の豪雨災害の被災地への後方支援や、様々な調査研究を進めていきたいと思っております。
10月のADI減災カフェは、避難所開設運営シミュレーション研修です。
近日のうちにご案内を掲載いたしますので、お楽しみに。

ブリーゼプラザで行われた緊急セミナーで基調講演を行いました

8月29日 大阪のブリーゼプラザで行われた「緊急セミナー 大阪北部地震・平成30年7月豪雨 企業の対応と課題」で、伊永理事長が基調講演をさせていただきました。
また、後半のパネルディスカッションにも参加させていただきました。
参加された企業様の地震や水害時の対応などについて発表があり、いろいろな面から、災害に対する企業の対応や今後の課題が見える会となりました。
会場には、定員を超えるほどの参加があり、地震や水害などに対する企業の意識の強さを感じることができました。
ADI災害研究所では、今後もこのような企業の防災に関する調査研究進めていきたいと思っています。

和歌山県有田川町の避難所運営リーダー養成講座で講演しました

8月25日 和歌山県有田川町で行われた「避難所運営リーダー養成講座」に伊永理事長と川下が参加しました。

講座の前半は、伊永理事長が講義を行い、その後、参加者の皆さんは、避難所運営ゲーム(HUG)にチャレンジ。

参加者は、次々と押し寄せる避難者が抱える問題にどう対応するか意見を出し合って進めていました。
HUGの後のグループワークでは、避難所運営における課題とそのための解決方法についてグループでディスカッション。

グループの発表の後、伊永理事長から講評を行いました。
今回も熱心に避難所について考えられる講座となりました。