湯浅町で災害対策本部設置準備(アクションカード)訓練が実施されました

2月23日 和歌山県湯浅町で就業時間外に災害が起きた際に、登庁した職員が災害対策本部の設置準備をできるようにとアクションカードを使って災害対策本部設置準備訓練が行われました。
湯浅町役場

アクションカードを使った災害対策本部の設置準備訓練は、ADI災害研究所が、これまでに福岡県福津市と共同で、開発してきたものです。
早くに登庁した職員が防災を担当したことのない職員でも、会議室に災害対策本部の設置を行えるようにとアクションカードという指示をもとに災害対策本部の設置等を行うものです。
2018年に和歌山県の市町村に手法を紹介させていただき、今回湯浅町の防災のご担当者様からご相談を受け、訓練を実施することとなりました。

訓練までに、何度か、庁舎の視察や、アクションカードの作成のお手伝いのため、町役場をご訪問し、準備してきました。
訓練当日は、伊永理事長、宮野副理事長、川下の3名で参加させていただきました。
訓練では、登庁した職員の皆さんが、庁舎の近隣に居住されている職員の方が、参集メールを合図に登庁し、アクションカードを見て、庁舎の中に入れるか外観の点検を行ったり、庁舎の被害状況を調査したり、会議室に災害対策本部を設置したり、速報として入手した町内の被害状況等を地図に整理するなど行いました。

湯浅町訓練の様子

訓練後、伊永理事長、宮野副理事長から訓練考察を述べさせていただきました。

考察の様子

アクションカードを使った訓練について詳しく知りたい自治体の方は、ADI災害研究所までお問い合わせください。
電話 06-6359-7711
メール info@adi-saigaikenkyusyo.com 

社会福祉協議会で災害ボランティアセンター運営支援者研修を行いました。

西淀川区社会福祉協議会が実施された、災害ボランティアセンター運営支援者研修の1月19日の研修、2月16日のシミュレーションをADI災害研究所で担当させていただきました。
1日目は、座学として災害ボランティアや災害ボランティアセンターの役割、災害ボランティアセンター運営支援者としての注意点などを学んでいただきました。

1月19日VC研修

2日目は、災害ボランティアセンター運営シミュレーションを行いました。ボランティアの受付、ニーズの受付、ボランティアとニーズのマッチングをシミュレーションして、実際に災害ボランティアセンターでの活動を体験していただきました。

2月16日VC研修

2月16日VC研修

研修では、終了後に西淀川区社会福祉協議会から、「西淀川区災害ボランティアセンター運営支援者証」が授与されました。

たくさんの方が、この研修にご参加されて、熱心に研修を受けていただき、私共もたいへん学ぶことが多い2日間でした。
ありがとうございました。

【名古屋】オフィス防災 EXPOでセミナーを担当しました

2月15日金曜日 ポートメッセ名古屋で開催されていた【名古屋】オフィス防災 EXPOのセミナー講師として伊永理事長が講演しました。
今回は、企業の方が受講されるということで、2018年の大阪北部地震や台風などの大雨被害から企業の防災対策について講演させていただきました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

オフィス防災展名古屋

久留米市で講演しました

2月9日土曜日 久留米市の防災研修に呼んでいただきました。
三連休の初日でしたが、多くの参加者の皆様が集まられていて、たいへん熱気のある会でした。
今回も、笑いも織り交ぜながら伊永流の講演をさせていただきました。

2019年2月9日久留米市防災講演

福岡でADI減災カフェを開催しました

2月8日 福岡県春日市のクローバープラザでADI減災カフェ in福岡を開催しました。

パワーポイント表紙

クローバープラザ

今回のテーマは、「避難所運営と避難所における福祉的支援のあり方を考える」でした。
周辺の市町の防災のご担当の方々や福岡の防災士の方々がご参加くださいました。
質疑では、たくさんの質問をしていただき、それぞれ情報交流もできたのではないでしょうか。

ADI減災カフェ

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
また、福岡でのADI減災カフェを企画いたしますので、よろしくお願いいたします。
地方でのADI減災カフェ開催をご希望されます方は、ADI災害研究所 までご連絡ください。
ご相談に応じさせていただきます。