ニュース

2月27日ADI減災カフェ(夕方の部)は、「改めて南海トラフ巨大地震を詳しく知ろう」です

2月27日のADI減災カフェは、南海トラフ地震を詳しく知ろう~災害に備えるために、まず敵(災害)のことを知ろう~です。
近い将来必ず来るという南海トラフ地震について、改めてどんな地震なのか、どんな想定がされているのか確認し備えを考えます。
南海トラフ地震は今後30年以内に70~80%の確率で発生し、最大32万人の死者が想定されていますが、2018年12月には、政府の中央防災会議が、住民や自治体、企業が取るべき防災対応を整理し、報告書案を示しました。
報告書案では、マグニチュード(M)8級の地震が起き、さらに巨大地震が続発する可能性があるとして臨時情報が発表された場合、被害が及んでいない地域の住民も約1週間、津波に備えて事前に避難するとした。
政府が今年にも作成するガイドラインに沿い、自治体などはそれぞれ防災計画を作ることになります。
このように、南海トラフ地震に関する研究や調査など随時新しい情報が発信されています。
最近発表された新しい情報はもちろん、これまでの想定など再確認していきますので、ADI減災カフェにご参加いただき、南海トラフ地震への備えを再確認する機会にしてください。
内容はわかりやすく解説しますので、予備知識が無くても大丈夫です。
これまでに南海トラフ地震についてあまり考えてこなかった方も南海トラフについていろいろ考えている方もぜひ参加してください。

講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長
日  時 2019年2月27日(水)  18時45分~20時30分頃まで(18時45分開場)
会  場 大阪市生涯学習センター第6研修室(大阪駅前第2ビル5階)
参加費等 資料代 1,500円(ADI災害研究所会員の方は1,000円)

申込方法 
ご参加希望の方は、FAXまたは、E-Mailでお申込みください。FAXの方は、06-6359-7722へ下記のご案内をダウンロードの上必要事項をご記入いただき、送信ください。
メールの方は、info@adi-saigaikenkyusyo.com  へ参加される方のお名前、所属、ご連絡先お電話番号、メールアドレスを本文にご記入の上送信ください。

お申込みを受付しましたら、確認のメールをお送りいたします。

ご案内

1月29日のADI減災カフェ 満員御礼

1月29日に2019年最初のADI減災カフェを開催いたしました。
1月は、地方自治体関係者様向けとして、「避難行動要支援者登録と個別計画の進め方」と題して、ADI災害研究所が各地での避難行動要支援者への避難支援や個別計画を進めるために行ってきたワークショップや研修の内容、各地での先進的な事例等を紹介し、市町村などの防災や福祉関係の皆様が、避難行動要支援者対策を進めていくためのヒントとなるよう実施いたしました。
2018年は災害も多く、どの地域でもこの避難行動要支援者対策が急務となっていますが、なかなか進んでいないことも現状としてあり、今回は、たくさんの自治体の方にご参加いただきました。
防災担当部署だけでなく、福祉部署からもご参加いただきました。
今後もこのテーマは、続けて情報提供していきたいと思っていますので、次の機会にもぜひご参加ください。

1月29日ADI減災カフェ

2月27日のADI減災カフェ(午前の部) 「社会祉協議会の災害対策研修・ワークショップの進め方研修」を開催します

社会福祉協議会の災害対策
~職員研修・ワークショップの進め方~
社会福祉協議会では、通常の福祉事業だけでなく、災害時のボランティア対応など災害が起きるとしなければいけない業務が増えます。
では、どのような対策をとっておかなければいけないのでしょうか。
災害ボランティアセンターの設置や運営の訓練を行っている社会福祉協議会は多いですが、社会福祉協議会としての災害対策本部の訓練や研修、また、通常業務の災害時の対応や優先について具体的に計画されているでしょうか。
ADI災害研究所では、社会福祉協議会の災害対策として、初動期の行動や社会福祉協議会としての災害対策本部設置等の研修・ワークショップをお手伝いしています。
また社会福祉協議会の防災計画や、事業を継続するための計画(BCP)等の作成のお手伝いをしています。
今回のADI減災カフェでは、社会福祉協議会としてどんな災害対応が必要なのか、災害対策本部はどのようなことをするのか等職員への啓発を含めた研修やワークショップをご紹介します。
ADI減災カフェにご参加いただき、研修やワークショップの進め方を参考にして災害対策に取り組んでいただければと思います。
また、研修終了後、個別のご相談にも応じますので、お気軽にご参加ください。

講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長
日  時 2019年2月27日(水) 10時00分~11時30分頃まで(10時45分開場)
会  場 大阪市生涯学習センター第6研修室(大阪駅前第2ビル5階)
参加費等 無料  

申込方法 
ご参加希望の方は、FAXまたは、E-Mailでお申込みください。FAXの方は、06-6359-7722へ下記のご案内をダウンロードの上必要事項をご記入いただき、送信ください。
メールの方は、info@adi-saigaikenkyusyo.com  へ参加される方のお名前、所属、ご連絡先お電話番号、メールアドレスを本文にご記入の上送信ください。

お申込みを受付しましたら、確認のメールをお送りいたします。

ご案内

朝日新聞の天声人語に伊永理事長が掲載されました!!

本日2019年1月17日の朝日新聞の天声人語は、ボランティア元年という記事で、冒頭に伊永理事長が掲載されました。
1月17日は、私たちADI災害研究所の活動の原点でもあります。
あの日から、今もこの活動を続けさせていただけていることに感謝でいっぱいです。
たくさんの方に支援していただいて、応援していただいて今日があります。
そんな中、この1月17日に朝日新聞の天声人語で紹介していただき、たいへんうれしく思っています。
天声人語で紹介していただいている「ボランティアはいかに活動したか」には、阪神淡路大震災から60日間の記録を掲載しています。
こちらは残りわずかではありますが、50冊ほどはありますので、ご希望の方は、メールでお申し込みください。
詳しくは、こちら

阪神淡路大震災の記録”ボランティアはいかに活動したか”お申込みはこちら

2019年1月17日の朝日新聞天声人語でも紹介していただいた”ボランティアはいかにかつどうしたか”は、阪神淡路大震災で、震災の翌日より西宮市役所でボランティア本部を運営し、のちに西宮ボランティアネットワークの代表に就任した伊永が震災翌日からの60日間の記録を載せています。
また、ボランティア部署の記録や、ボランティア、物資の記録が記載されています。
ボランティアはいかに活動したか

ご購入ご希望の方は、下記の申込書をFAXいただくか、メールでご連絡ください。
数に限りがありますので、ご了承の程よろしくお願いいたします。

1冊送料込み 2000円 
ご希望の方は、FAXまたはメールでお申し込みください。
FAXの方は、購入申込書をダウンロードの上、06-6359-7722へFAXを送付ください

メールの方は、お名前、団体名(団体でご購入の場合)、お申込み部数、ご送付先郵便番号・ご住所、ご連絡先お電話番号、メールアドレスをご記入の上、info@adi-saigaikenkyusyo.comへお送りください。