阪神淡路大震災の記録”ボランティアはいかに活動したか”お申込みはこちら

2019年1月17日の朝日新聞天声人語でも紹介していただいた”ボランティアはいかにかつどうしたか”は、阪神淡路大震災で、震災の翌日より西宮市役所でボランティア本部を運営し、のちに西宮ボランティアネットワークの代表に就任した伊永が震災翌日からの60日間の記録を載せています。
また、ボランティア部署の記録や、ボランティア、物資の記録が記載されています。
ボランティアはいかに活動したか

ご購入ご希望の方は、下記の申込書をFAXいただくか、メールでご連絡ください。
数に限りがありますので、ご了承の程よろしくお願いいたします。

1冊送料込み 2000円 
ご希望の方は、FAXまたはメールでお申し込みください。
FAXの方は、購入申込書をダウンロードの上、06-6359-7722へFAXを送付ください

メールの方は、お名前、団体名(団体でご購入の場合)、お申込み部数、ご送付先郵便番号・ご住所、ご連絡先お電話番号、メールアドレスをご記入の上、info@adi-saigaikenkyusyo.comへお送りください。