歩み(沿革)

ADI災害研究所は、代表の伊永勉が、阪神・淡路大震災において、我が国初の官民連携による被災者支援活動を行い、その後国内外の多くの災害に災害救援コーディネータとして関わってきた経験を活かして、1998年から防災力の向上を目的として、活動してきました。
1995年(平成7年)
阪神・淡路大震災において西宮ボランティアネットワーク(NVN)を結成し、西宮ボランティアネットワーク代表に伊永勉が就任する。「西宮方式」と呼ばれた官民連携の支援組織である「西宮ボランティアネットワーク(NVN)」を設立して西宮市を中心に17万4千人のボランティア活動を統括

1996年(平成8年)
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)を設立し伊永勉が理事長に就任。国や自治体の各種委員への就任や、防災計画等の策定等様々な方面で活動を行う

1998年(平成9年)
全国災害救援ボランティアネットワークを結成。
日本災害救援ボランティアネットワーク理事長を退任し、民間では全国初の防災専門の研究機関 「エイデイアイ災害救援研究所」を5月に西宮市内に設立し、所長に就任。
10月に大阪市北区に事務所を移転。

2004年(平成17年)
株式会社東京建設コンサルタント環境防災研究所所長に伊永勉が就任。主に国土交通省等の防災業務を担当。

2010年(平成22年)
日本セイフティー株式会社に災害研究所所長に伊永勉が就任。都道府県や市町村の防災事業の支援を行う。主に自主防災組織育成や自治体職員の研修、防災訓練や図上訓練などを支援。

2013年(平成25年)
株式会社エクスプレス災害研究所所長に 伊永勉が就任。

2017年(平成29年)
一般社団法人ADI災害研究所を大阪市北区に設立し、伊永勉が代表理事(理事長)に就任。
現在に至る。