ADI減災カフェ

九州でADI減災カフェを開催します

2018年は、7月の豪雨、相次ぐ台風に続いて、北海道胆振東部地震と災害が多発しています。災害が増えると当然ながら避難所の開設も増え、避難所運営にも注目が集まっています。
ADIでは、これまで各地で行ってきた避難所開設運営シミュレーションを公開し、実際に自分たちが避難する施設をどう使うかシミュレーションして、施設の使い方や事前準備、何より避難所の開設と運営に地域住民が主体とならなければいけないことなどを啓発する活動をしています。
今回のADI減災カフェで、ADI避難所開設運営シミュレーションを体験していただき、進行の仕方などをぜひとも学んで、地域などでの避難所研修に役立てていただけきたいと考えています。

避難所ワークショップイメージ
講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長

日  時 平成30年10月19日(金)  14時00分~16時00分頃まで (13時30分開場)

会  場 クローバープラザ(福岡県春日市原町3-1-7 JR春日駅前)  

参加費等 無料(定員28名)   

申込方法 参加希望の方は、FAXまたは、E-Mailでお申し込みください。
        

ご参加希望の方は、案内書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上 FAX 06-6359-7722 で送付いただくか、または同様の内容をメール info@adi-saigaikenkyusyo.com をお送りください。
定員に達した場合は、お断りすることがありますので、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

ADI減災カフェ10月は、避難所開設運営シミュレーション研修

2018年6月の大阪府北部を震源とする地震や7月の豪雨災害に相次ぐ台風による災害。

災害が増えると当然ながら避難所の開設も増え、避難所運営にも注目が集まっています。
私たちADIでは、オリジナルのADI避難所運営シミュレーションを各地で実施しています。

実際の避難所をどう使うかシミュレーションすることで、避難所の開設や避難所運営を考えたり、自主運営の必要性の認知度を高めたいと思っています。
今回のADI減災カフェではADI避難所運営シミュレーションについて、体験していただける会としたいと思います。
ご興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
ぜひご参加していただいて、手法を学んでいただき、地域で活用していただけたらと思います。

講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長

日  時 平成30年10月31日(水)  18時45分~20時30分頃まで (18時30分開場)

会  場 大阪市生涯学習センター第6研修室(大阪駅前第2ビル5階)

資 料 代 1,500円(ADI災害研究所会員の方は1,000円)
  

ご参加希望の方は、案内書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上 FAX 06-6359-7722 で送付いただくか、または同様の内容をメール info@adi-saigaikenkyusyo.com をお送りください。
定員に達した場合は、お断りすることがありますので、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

8月のADI減災カフェ ご参加ありがとうございました

8月のADI減災カフェは、6月に起きた大阪府北部を震源とする地震や 7月の豪雨災害等から私たちは、何をなえなければいけないかということを考える会でした。
特に6月の大阪府北部を震源とする地震では、都市部における災害で、通勤時間であったこともあり、様々な課題が再確認されました。
また、7月の豪雨災害は、広範囲に及び災害となり、被害の様相も地域の特性や地理的条件によって異なり、様々な対応が必要となりました。
そして、避難所での生活。今年の夏は猛暑となり、避難生活される方々も、被害だけでなく、猛暑への対策も必要となり、こちらでもいろいろな課題が見えたのではないでしょうか。
ADI災害研究所では、今後も大阪府北部を震源とする地震や7月の豪雨災害の被災地への後方支援や、様々な調査研究を進めていきたいと思っております。
10月のADI減災カフェは、避難所開設運営シミュレーション研修です。
近日のうちにご案内を掲載いたしますので、お楽しみに。

8月29日のADI減災カフェ 参加者募集中

8月29日のADI減災カフェは、「大阪府北部地震・7月豪雨災害を検証~今後の防災対策のあり方と都市での備え~」です

2018年6月18日午前7時58分に発生した大阪府北部を震源とする地震。
京阪神に住んでいる人、働いている人に大きな被害や影響を与えた地震でした。
建物に被害がおよびましたが、大規模な倒壊などが見られず、被災者支援もこれまでの地震災害とは少し違い、被災者の方の困りごとが見えにくいという課題がありました。
また、朝に起きた地震で通勤途中の方も多く、電車の中で長時間待機されたり、線路を歩いて避難されたり、都市部ならではの様子もうかがえました。
交通機関の運休が続いたこともあり、帰宅困難になった方もいました。
そして、7月5日からの大雨により広い範囲でおきた豪雨災害。
今もまだ行方不明の方があり、捜索や被災者の支援活動が続いています。
今回の豪雨災害は、複数の府県で被害が発生し、広範囲に及ぶ平成最大の災害となりました。
特に、堤防の決壊などによる浸水被害や土砂災害が多数発生し、多くの方が犠牲となってしまいました。
ADI災害研究所では、どちらの被災地にも出向き現地調査を進め、被災者支援をはじめ、復旧活動への支援を行っています。
そして、私たちは、今回の地震や豪雨災害から見えたことや教訓などを次の災害の備えに役立てなければいけません。
現地調査状況報告と今後の備えについて考えたいと思います。

話題提供 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長
日  時 平成30年8月29日(水) 18時45分~20時30分頃まで (18時30分開場)
会  場 大阪市生涯学習センター第6研修室(大阪駅前第2ビル5階)
資 料 代 1,500円(ADI災害研究所会員の方は1,000円)   
主  催 一般社団法人ADI災害研究所
事前申込制となっています。

ご参加希望の方は、案内書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上 FAX 06-6359-7722 で送付いただくか、または同様の内容をメール info@adi-saigaikenkyusyo.com をお送りください。
定員に達した場合は、お断りすることがあります。
ご了承ください。
また、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

8月のADI減災カフェは、大阪府北部地震・7月豪雨災害を検証します

8月29日のADI減災カフェは、「大阪府北部地震・7月豪雨災害を検証~今後の防災対策のあり方と都市での備え~」。

2018年6月18日午前7時58分に発生した大阪府北部を震源とする地震。
京阪神に住んでいる人、働いている人に大きな被害や影響を与えた地震でした。
建物に被害がおよびましたが、大規模な倒壊などが見られず、被災者支援もこれまでの地震災害とは少し違い、被災者の方の困りごとが見えにくいという課題がありました。
また、朝に起きた地震で通勤途中の方も多く、電車の中で長時間待機されたり、線路を歩いて避難されたり、都市部ならではの様子もうかがえました。
交通機関の運休が続いたこともあり、帰宅困難になった方もいました。
そして、7月5日からの大雨により広い範囲でおきた豪雨災害。
今もまだ行方不明の方があり、捜索や被災者の支援活動が続いています。
今回の豪雨災害は、複数の府県で被害が発生し、広範囲に及ぶ平成最大の災害となりました。
特に、堤防の決壊などによる浸水被害や土砂災害が多数発生し、多くの方が犠牲となってしまいました。
ADI災害研究所では、どちらの被災地にも出向き現地調査を進め、被災者支援をはじめ、復旧活動への支援を行っています。
そして、私たちは、今回の地震や豪雨災害から見えたことや教訓などを次の災害の備えに役立てなければいけません。
現地調査状況報告と今後の備えについて考えたいと思います。

話題提供 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長
日  時 平成30年8月29日(水) 18時45分~20時30分頃まで (18時30分開場)
会  場 大阪市生涯学習センター第6研修室(大阪駅前第2ビル5階)
資 料 代 1,500円(ADI災害研究所会員の方は1,000円)   
主  催 一般社団法人ADI災害研究所
事前申込制となっています。

ご参加希望の方は、案内書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上 FAX 06-6359-7722 で送付いただくか、または同様の内容をメール info@adi-saigaikenkyusyo.com をお送りください。
定員に達した場合は、お断りすることがあります。
ご了承ください。
また、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。