ADI減災カフェ

6月のADI減災カフェは、新任防災担当者のための防災講座

令和2年は、年頭から新型コロナウイルスの感染拡大による国民生活に未曾有の苦難を強いることとなり、ようやく緊急事態宣言は撤回されましたが、危機管理・防災部署では、間もなく始まる大雨と台風への備えに遅れが出ているのではないでしょうか。
ADI減災カフェも開催を延期していましたが、新任防災担当者向けの防災講座を実施させていただくこととしました。
防災担当者としてどんな知識を身に着けておく必要があるのか、どんな災害が来るのか、どんな備えが必要なのかなど、市民への出前講座の準備も考慮して、数多くの被災地支援の経験と、自治体職員の研修を行ってきたADI災害研究所の伊永が、防災を担当される職員のために、お役に立てる話をさせていただきます。
今回は、特に避難所の感染対策のヒントも提供いたします。

講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長
日  時 2020年6月23日(火) 10時00分 ~ 11時30分 頃迄(9時50分開場)
会  場 大阪市生涯学習センター第3研修室(大阪駅前第2ビル5階)
参加費等 無料 (完全事前申込制)
定員   15名 ソーシャルディスタンスを保つため、少ない定員となっております

ご参加の方はマスクの着用をお願いいたします。体調不良の場合はご参加をお控えください。
◆申込方法
ご参加希望の方は、下記参加申込書にご記入の上、FAXまたはメールでお申込みください。
お申込みを確認次第、参加受付メールをお送りさせていただきます。
今回のADI減災カフェは、地方自治体の方を対象としるため、一般の方のご参加はお断りしております。ご了承ください。

FAX 06-6359-7722   メール info@adi-saigaikenkyusyo.com 

ご案内と参加申込書

9月活動報告

9月3日 避難所における福祉的支援と福祉避難所研修会~避難所における福祉的支援と福祉避難所のあり方を探る~を実施しました。 (さらに…)

8月活動報告

6日 ADI減災カフェ「自分や大切な人の命を守るための防災気象情報を学ぼう~防災気象情報を活用して気象災害に備える~」を実施しました。

(さらに…)

12月5日 自治体向けADI減災カフェ 避難所における福祉的支援テーマです。

12月5日のADI減災カフェは、自治体向けです。
テーマは、「相次ぐ台風による災害を振り返り避難所における福祉的支援と福祉避難所の課題を考える~避難所開設・運営と避難所での要配慮者支援と福祉避難所~」です。

令和に入った今年は、台風が相次ぎ、記録的大雨による河川はん濫や土砂崩れなど広域にわたる災害が発生しました。
水害の場合は前もって、安全対策や避難の準備はできると思われていましたが、温暖化のためか、雨の降り方が激しくなり、大雨が同じ地域降り続き、河川が複数個所ではん濫するなど、これまでの想定を超えるような事態が起きています。
災害時には高齢者や障がい者が真っ先に犠牲になるという過去の例を繰り返さないために、要配慮者の避難に関する福祉的支援の強化が叫ばれていましたが、避難が遅れたり、福祉避難所の開設が間に合わなかった等の様々な課題が見えてきました。
今回のADI減災カフェでは、今年の台風を振返って、改めて災害時の福祉的支援に関する課題や、福祉避難所の開設と運営に関する課題を整理して、今後どのような備えが必要なのかを考えます。

講  師 伊永 勉 一般社団法人ADI災害研究所 理事長
日  時 2019年12月5日(木)10時00分~11時30分頃まで(9時45分開場)
会  場 大阪市生涯学習センター第5研修室(大阪駅前第2ビル5階)
参加費等 無料 (定員があるため事前にお申し込みください)

◆申込方法
ご参加希望の方は、下記参加申込書にご記入の上、FAXまたはメールでお申込みください。お申込みを確認次第、参加受付メールをお送りさせていただきます。今回のADI減災カフェは、地方自治体の方を対象としるため、一般の方のご参加は定員に達していない場合のみ受付となります。あらかじめご了承ください。
FAX 06-6359-7722
メール info@adi-saigaikenkyusyo.com 
ご案内と参加申込書

10月2日ADI減災カフェ特別企画 大阪湾高潮・津波対策船上調査をしました。

令和元年10月2日のADI減災カフェは特別企画として大阪湾と河川の護岸・水門・堤防・港湾施設・係留船などの実態調査を行いました。
午後3時30分にチャーター船で、大阪市西区の京セラドーム前の千代崎桟橋を出港し、大阪湾を巡って大川の八軒家浜までのコースで、メンバーはADI災害研究所の会員と、大規模災害対策研究機構(CDR)の会員に、元大阪市港湾局長の2人が加わり、関西テレビの取材カメラが同行しました。幸い台風の影響もなく、曇り空の中を出港し、午後6時に八軒屋の桟橋に戻り、調査を終えました。
船上調査写真

伊永理事長の調査レポートはこちらから(PDFファイル)